HOME > Works1

最適な包装設計

 
 
 
 
 
 
 
 
 

  
 製品の保護を優先しすぎた梱包 

 

      • 製品の破損、傷を優先するあまり梱包が大型化
      • 製品の梱包作業や開梱作業に時間がかかる
      • 梱包が大きく、トラックの積載量が少なくなる

 

   ⇒ 梱包費用がかさむ、輸送コストがUP

 


  
 製品保護と物流の両面を考慮した設計 

 
      • 梱包仕様の見直しで、できるだけ安価な材料を選択
      • 梱包後のケース容積の極小化
      • 落下テスト、配送テストで品質をクリアできる仕様

 


 

  
 包装仕様、コストを最適化した梱包 

 

      • 製品保護能力を維持しつつシンプルな包装で部材点数を削減
      • 用途に合った梱包・緩衝材の採用による梱包費の削減
      • トラックへの積載率UPによる輸送コストの削減
      • 保管、輸送時の品質は維持

 
 

コンパクト梱包ケース

 
 
 
 
 
 
 
 
 

  
 大型、長尺商品を個装箱に1台づつ梱包 

 

      • 箱の中は過剰ともいえる緩衝材で保護
      • 梱包サイズも大型で積載量がかさむ、持ちにくい

 

   ⇒ 輸送コストがかかる、梱包費がかさむ

 


  
 梱包、輸送コストの削減可能な設計 

 
      • 輸送中の品質は落とさない(傷・破損ゼロ)
      • 収納・開梱の作業性は今までと変えない

 


 

  
 複数の製品を同梱できる新梱包 

 

      • 長尺でサイズの異なる製品2台を1箱にコンパクトに収納
      • 現行箱に比べサイズダウン(材料、緩衝材ともに)
      • サイズダウンによる梱包費用、輸送コストの削減
      • 輸送、作業時の品質は維持

 
 

リユース梱包BOX

 
 
 
 
 
 
 
 
 

  
 繰返し使用のため、ケースがボロボロで汚い 

 

      • 開梱、収納作業がわずらわしく、時間もかかる
      • 段積みが難しい(保管時、輸送時)
      • 見映えが悪い

 

   ⇒ 製品保護能力の低下

 


  
 製品保護と開梱、収納作業性の向上 

 
      • 梱包部品数が少なく、開梱・収納の作業が簡単なもの
      • 見映えが良く、衝撃に強く、耐久性に優れる
      • 製品ごとの形状にマッチしたBOX(TV・冷蔵庫・洗濯機 等)

 


 

  
 リユース梱包BOXを開発 

 

      • シンプルで開梱、収納作業時間の短縮により作業性が向上
      • 製品の破損、部品の紛失が大幅に減少
      • 何度でも繰返し使え、さらに見映えも良くなった
      • ケースの強度UPによるトラック積載効率が向上